表紙へ

1000字小説バトル

1000字小説バトル表紙へ

1000字小説バトル stage3
第10回バトル 作品

参加作品一覧

文字数
1
本作品は掲載を終了しました
2
小笠原寿夫
1000
3
ごんぱち
1000

結果発表

投票結果の発表中です。

※投票の受付は終了しました。

  • QBOOKSでは原則的に作品に校正を加えません。明らかな誤字などが見つかりましても、そのまま掲載しています。ご了承ください。
  • 修正、公開停止依頼など

    QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

(本作品は掲載を終了しました)

記憶
小笠原寿夫

 アパートの階段を降りると、にちゃにちゃしたものが自転車置き場の自転車のハンドルにくっついている。恐らくは近所でサッカーをして遊んでいる子供たちが遊び半分でつけたものだろう。コロコロと転がるサッカーボールはどこにも見当たらない。私がつけたものなのかもしれないが、その記憶も定かではない。自転車のサドルに腰を落ち着け、ペダルを踏むと、その車輪は地面を滑るように走り出す。今、私が存在していた場所を忘れるようにして自転車は地面を滑ってゆく。
 ありのままの姿で存在するものなんて世の中には存在しないも同然である。
 それを踏まえた上で我々、人間の生活は成り立っている。
 記憶。
 人間にとってそれこそが凡てだが、それは日々、変化してゆくものである。自転車を必死で漕ぐ私。転がる車輪。手についたにちゃにちゃしたもの。力強くペダルを蹴る私の足と共に回る自転車の車輪。風景を切り裂くように後ろから前へと自転車は速度を上げてゆく。そして、過去から未来へと。
 人は忘れゆく生き物である。
 記憶を遡れば、何かを思い出すことが出来るのかもしれないが、それは今という時間の中での私の記憶。幼少の頃の記憶とは程遠い現在の記憶。記憶というあやふやなものを根底に我々、人間は生きている。しかしながら、それを記録に残すことは不可能である。記憶というものは時間が進みゆくに連れ、薄らいでゆくものだから。ペダルを漕ぐエネルギーに反比例するように時間は流れゆく。自転車の運動量に反比例するように自転車の位置は変化してゆく。私のエネルギーが自転車の速度に変換されてゆく。時間と空間を撫でるように、自転車は風を切る。その風を全身に感じながら、私も過去から未来へ前へ前へと進んでゆく。もう後戻りはできない。自転車も時間も前へしか進まないのだから。それでも人は思い出さずにはいられない。幼き日の記憶。若き日の思い出。現在の記憶。遠い日の私。自転車のペダルを蹴る毎に、その記憶は鮮明かつ大胆に私の脳を揺さぶってゆく。自転車を漕ぐスピードに連れ、少年の頃、公園でサッカーボールを蹴って遊んでいた記憶が頭に蘇ってくる。少年時代は無邪気に笑っていられた。その片鱗も窺えない私の顔で、へとへとになった私の足は、自転車を漕ぎ続ける。もしかすると、サッカーボールで遊びながら、自転車ににちゃにちゃしたものをくっつけた子供の犯人は、幼き日の私だったのかもしれない。
記憶    小笠原寿夫

骨は何と歌ったか
ごんぱち

 昔、ある国で暴れ猪が出ました。
 あまりに強く、誰も仕留められる者がいなかったので、王様は猪を狩った者を王女様と結婚出来るというお触れを出しました。

「――これは見事、見事に仕留めた!」
 男が持って来た猪の死体を見て、王様は褒め称えます。
「槍でひと突き、その他の場所には傷一つない。知恵と勇気がなければ、とてもこれ程見事に仕留める事は出来まい」
「いえ、これも弟の犠牲があったからです」
 男は俯きます。
「弟が後ろから矢を射かけて気を引いたお陰で、猪は振り向き槍を刺す隙が出来たのです。弟の墓を作って頂きたい。死体はありませんが、どうか!」
「むむ、知恵と勇気だけではなく、謙譲と慈悲まで備えている。これは正しく王女の婿に相応しい! 貰ってくれるな」
「勿体ないお言葉でございます。弟の分まで王女様を幸せに致します」

 男は王女様と結婚しました。
 飲んだくれて暴れる事もありましたが、王様も家来も「あれぐらいの方が元気があって良い」などと言って許していました。
 そして何年か経ったある日。
 橋の上を羊飼いが通りかかりました。
 羊飼いは、川に白い物があるのに目を停め、川に降り拾い上げます。
 それはひとかけらの骨でした。
「大きな骨だな、羊か、牛かな? でも丁度良い」
 羊飼いは橋の縁に座って、骨を削り角笛の吹き口にしました。
 そして試しに吹いてみます。

『兄さんがぼくをだまし討ち

 殺して猪もってった

 今では国の王子様

 弟のぼくは橋の下』

 何度吹いても同じ声。
 何度吹いても同じ節。

 羊飼いは不思議に思いながら、橋の下を掘り返してみると、そこから男の弟の骨が出て来ました。

 羊飼いは、王様にこの話を伝えました。
 王様には、思い当たる事がいくつもありました。
 猪の傷と、男が話した内容が違っていました。
 この数年見ていて、男がそれ程勇気のある人間には見えませんでした。
 その上、弟の骨と骨笛の歌です。
 王様は男に問い質しました。
 最初は知らないと言っていた男ですが、弟の骨を見せられ、歌を聴かされ、ついに観念して白状しました。
 男は袋詰めにされて池に沈められる刑罰を受けました。
 弟の骨は王が入るのと同じような立派な墓に埋葬されました。

「それで……」
 窓の外を眺めながら、王女様は呟きました。
「わたくしの立場は、どうなるのでしょうね」
 大きくなり始めたお腹をさすり、自嘲気味に笑いました。
 夫と、少し似た笑い方でした。