QBOOKSトップ

第143回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1LOVE LETTERはなもとあお40
2人魚金河南277
3量販店石川順一83
4大掃除Tsu-Yo118




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  LOVE LETTER    はなもとあお


遠くて届きそうにない
あなたへ
日常の言葉をかりて
近付こうとする
想いは
秘めるばかりで





エントリ2  人魚    金河南


捕まえてしまった

とりあえず部屋に閉じ込める
君がセキセイインコのような声で泣くからいけない

壁は白い ここは天国のような煉獄で
閉じ込めても
生きていても
死んでいても
世間様はまったく構わない

とりあえず服を剥ぎ取る
君がヴィーナスのようにそむけるからいけない

カンバスは白い ここは天国のような現実で
ベッドの上で激しく喘ぐから
髪をやさしくつかんで
首を手折って
口を寄せて

 君が美しすぎるのがいけないんだ
 美しすぎると
  美しすぎると

 壊したくなるだろ


ようやく裸婦画が完成した
目の前にカピカピの人魚が横たわっていたので
上手く捌いて干物にし
公園のホームレスたちに配って回った






エントリ3  量販店    石川順一


女の足は踏み込みが足りずに
自らの非を恥じた

男の右肩が私の左腕の
側面だか裏側だかに触れた

私は母の踵に三度も触れて
女を激昂させた

翌日私の右の踵は博物館に
収納されたのだった





エントリ4  大掃除    Tsu-Yo


生活のバグを点検するように
家の隅々まで丁寧に磨いていく
どのようなプログラムで
この暮らしが動いているのか
詳しいことを私は知らない

5枚目の雑巾が真っ黒になったころ
致命的なミスを見つけた気がして
妻に報告しに行くと
二人分の蕎麦が静かに茹で上がる