Q書房トップ

詩人倶楽部

第3回詩人バトル
poem14

月祀り

作者 : 木葉一刀 [コバカズト]
Website : 鉱石のRevolution
 宵に酔いしれ妖に酔う
 宵酔い幼酔う良い酔い遙

春の夜輝く白い月
夜桜染める白い月
想ったあの人眠る樹の
血桜白く染めてった

夏の夜輝く蒼い月
夜行認める蒼い月
真っ赤に染まった刃と手
それをあなたに見せぬ為

 夜宵酔いしれ月に酔う
 良い宵酔う羊ヨイヨイヨウ

秋の夜輝く金の月
豊穣祝う金の月
夜に酔いしれ人々が
金のその身に貢ぐ夜

冬の夜輝く紅い月
空朱に染める紅い月
連なる三つ星その上の
赤い瞳を染め隠す

 良い夜酔う夜酒と餅
 今宵酔う夜の唄の席

全てを包む黒い夜
人皆眠る新月に
夜宵酔う夜お預けの
眠り満月祈る夜






インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆Q書房に掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。