Q書房トップ

詩人倶楽部

第3回詩人バトル
poem27

君が生まれた日

作者 : 奏紀 [ソウキ]
Website : 八葉湯亭
十月十日を数え果て
耳に届くは 君の産声
腕に抱くは 君のぬくもり
こぼれる涙は 海の味。
自分の中から分かたれた 新しい生命
この先の 進む道辺に何があっても
ああ、君が星をつかむように、
幸せになりますように。
泣きじゃくる まだ光の見えない君に
伝えるすべはないけれど、どうか、いついつまでも
幸いなれ! 
・・・神ならぬ私の祝福を。
この世に芽吹いた たった一つの君だけの命。
君につながりつつも、君ではない私。
今宵は いつか必ずこの目に映る
君の笑顔を夢見て 眠りにつこう。
ああ、幸いあれ!
この星降る夜に 花咲く夏に
君が生まれた今日の日に。






インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆Q書房に掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。