第30回中高生1000字バトル結果

  INDEX
 エントリ 作者 作品名 文字数 得票なるか!? ★
 1 香月  同害復讐法についての考察  1000  1 
 2 須藤あき   ドラグンバスター 〜Sleeping Lover〜  999   
 3 月下 雫  ある人とその彼女とその友人と  647  3 
 4 恋  たぶん、さよなら  1000   
 5 庵崎 侑   BE MYSELF  1000  2 
 6 岩田直子  哀歌を唄う男と女  1000  1 
 7 姫咲ゆうや  現実逃避  1025   
 8 天霧  開花予感  916   
 9 国生美月  殻  927  1 
 10 加賀 椿  カップラーメンの思い出  1000  2 
 11 ユタ  雨宿り  863  2 
 該当作品なし   1 


おめでとう!

新旧入れ替わりの中高生部門。まだ何となく定まらない感。それでも、頑張ってるぞっと、『ある人とその彼女とその友人と』月下 雫さん、おめでとー。



感想票

推薦作品:ある人とその彼女とその友人と
推薦作品:月下 雫
感想:あっさりまとまっていて良かった。

推薦作品:ある人とその彼女とその友人と
推薦作品:月下雫
感想:気を悪くなさったらごめんなさい。
えーと、えげつなさナンバーワンって事で。
後味苦くはありますが、友人さんのガッツに一票。

推薦作品:ある人とその彼女とその友人と 
推薦作品:月下 雫
感想: 僕としては読了後、強烈、の一言でした。
 ありがちなもしくは現実でありそうな話をざっくりときりこんで書いているなぁと思いました。でも文字数は埋めて欲しかったかな。

推薦作品:雨宿り
推薦作品:ユタ
感想:個人的にはもっと起承転結があった方が好きなのですが、こんなのもいいかな、と。

推薦作品:雨宿り
推薦作品:ユタ
感想: 好きだった作品。『現実逃避』『殻』『カップラーメンの思い出』。
 誰が何と言おうと、この文体、流れ、大好きです。でも、現実逃避は、詩ですよね。小説としては、少し点が下がります。書き方をもう少しスタンダードに。
 殻、描写が結構好き。電車通学の私としては、気持ちよく分かります。けど、落ちがないよ!もう少しひねって。
 カップラーメンは、ものすごい悩みました。はっきり言って、こちらの方がストーリーも文体もすっきりしてていいですよね。
 でも今回は、若さと表現力、そして女のプライドに一票です。もっと読みたい。
 あ〜ぁ!いっつもパワーもらってますよ、中高生バトルには。

推薦作品:BE MYSELF
推薦作品:庵崎 侑
感想:大人ぶってる自分とか、夢とか、そういう若さに共感。
月下 雫さんの現代風なのや、姫咲ゆうやさんのまだ子供な自分なのも面白かったんですけど、庵崎 侑さんのが個人的に良かったので一票!

推薦作品:BE MYSELF
推薦作品:庵崎 侑
感想:初めの一文から引き込まれました!

推薦作品:カップラーメンの思い出
推薦作品:加賀 椿
感想:先の展開がまったく読めなくて、
しかも日常的(と言ったらいいのかな?)な話なため
親しみやすく面白かったです。
ただ、どうして姉が亡くなったのか
という記述を少し入れて欲しかったなぁと
私は思いました。
そこはこの話にしてみれば
大したことではないのかもしれませんが。。
次の作品も楽しみにしています。
頑張ってください。

推薦作品:カップラーメンの思い出
推薦作品:加賀 椿
感想:ラストはしんみり路線でしたが、カップ麺をめぐるやり取りが微笑ましくてよかったです。あたたかい空気が伝わってきました。
また、学生バトルは傾向として、文章が読みにくかったり説明不足だったりと、小説として読者に不親切な作品が多いように感じるのですが、この作品はその点でも比較的読みやすく、すんなりと楽しめたように思います。
推薦作品:哀歌を唄う男と女
推薦作品:岩田直子
感想: 生意気にも、全感想をば。
香月さん「同害復讐法についての考察」
 小説と言うよりはエッセイか意見文のような気がします。
言ってる内容やテーマは上手いです。文芸にするには
もうちょっと味付けをして、言いたい事を裏に隠すといいと思いました。
須藤あきさん「ドランクンバスター〜Sleeping Lover〜」
 ちょっと作風が変わりましたね?でも、須藤さんらしい、
屈折したような世界観は好きです。
 書き出しがなかなか良かったです。作品にぐぐっと
引き込まれました。ただ、尻すぼみな感じが少ししました。残念。
月下 雫さん「ある人とその彼女とその友達と」
 他人のメールを見せられてもちょっと困る、という感じです。
あくまで小説なので、ドラマを盛り込むのが良いかと。
恋さん「たぶん、さよなら」
 切ない。文章の組み立て方、上手だと思いました。
ただ、ちょっと気になったのは原稿用紙、あるいは改行の使い方。
小説ではこういう使い方はしません。文体は、なかなか
新鮮でいいですよ。
庵崎 侑さん「BE MYSELF」
 文章がしっかりしていて好印象でした。言いたい事も
わかりやすい。ただ、人間こういう変わり方をするかな、
という点はちょっと疑問に思いました。自分が勉強不足な
だけかもしれませんが。
岩田直子さん「哀歌を唄う男と女」
 うわ..ハードだ。男が誰なのか、女が誰なのかと言うのは
どうでもいいのでしょうね。ラスト、女が死んだあとの
男の幸福は、女が自分のために死んでくれたからか?
なかなか考えさせられる作品でした。
姫咲ゆうやさん「現実逃避」
 喉越し爽やか、なのかな?口語調の文体と、主人公の
心情と、上手くマッチしていました。リラックス出来る
作品ですね。でも、せめて句点ぐらいは打った方がいい。
天霧さん「開花予感」
 作品の雰囲気作りが上手です。ただ、誰の台詞か、一発で
分かりづらい所があるのはマイナス。口調を変えるとか、
地の文に書いておくなど、した方がいいです。
国生美月さん「殻」
 描写が上手いです。さて、「自分だけの世界」を築いた
彼がどうなるのか、と言うのもちょっと読みたいです。
加賀椿さん「カップラーメンの思い出」
 「姉」はなぜ亡くなってしまったんでしょうか?今と
回想とで50年以上の開きがあるのか、何か不慮の事故が
あったのか、そのへんははっきりさせた方が作品の
インパクトも強くなると思います。
ユタさん「雨宿り」
 できごとそのものは些細と言ってしまえば些細。
でもその大きさが、実感として文章に表れているようでした。
一つ一つの言葉が練ってあって、好印象でした。
 以上。ということで、推薦作は岩田直子さん「哀歌を唄う男と女」。
次点はユタさん「雨宿り」です。

推薦作品:殻
推薦作品:国生美月
感想:描写や雰囲気がとっても素敵です!
独特の世界観がよくて、素晴らしい作品だなぁと思いました!!

推薦作品:同害復讐法についての考察
推薦作品:香月
感想:テーマ摘みすぎって思ったけど、とにかく、続きが読みたいと思った。いや、続きが書きたいとも思った、と。

推薦作品:なし
感想:正直、こんな風に投票するのは初めてで、かなり迷った。
確かにある水準には達している作品もあるし、それが悪いというわけでもない。
しかし、どうだろう。
今回、雰囲気というかメセージというか。そういうものがダイレクトに伝わってくる作品がなかったかのように思う。
非情に残念だ。