第37回中高生1000字バトル結果

おめでとうございます! あなたが栄光のチャンピオンです!

『日常的で当たり前な事』 紅花花屋本舗さん


推薦作品と感想

○推薦作『日常的で当たり前な事』紅花花屋本舗
最後の結末がよかった!!
読みやすい感じで楽しかった。
▽投票者:QBOOKS登録作者


○推薦作『日常的で当たり前な事』紅花花屋本舗
 小説としては小さくまとまりすぎてしまった感じ。そしていかにもな、「小説書くんだ」という意識が強く出てしまって、かえってぎこちないなど、どうも作品の完成度としては今ひとつなんである、が。

 この"視点"は捨てがたい。

 タイムパラドックスの生む矛盾もさる所ながら、ガス御殿に石炭御殿? うむ、あれだ。小樽のニシン御殿を知らなかったら、なかなかでてこない言い回しであるよな。うむ、唸った。
 確実に面白いものは持ってる。もっと、照れだとか躊躇だとか、もろもろのモノを捨てて、もっと好きなコトを好きにやっていい作家だ、と思った。
 自分自身を容赦なく作品の上に出して、さぁ、勝負はこれからだ。
▽投票者:QBOOKS登録作者


○推薦作『日常的で当たり前な事  』紅花花屋本舗
割とすぐ近くにある過去と未来と、結局信じきれないものを追うより、現実にすぐ戻るイマの人間。
うまい!
その一言。

▽投票者:QBOOKS登録作者


○推薦作『日常的で当たり前な事』紅花花屋本舗
内容が飛んでいるのに、みょーにリアルで現実味を感じるのがすごいです。
読んだあとに、おもしろいっと思ったので、これに一票。
ただ、字数がちょっと気にはなります。
▽投票者:QBOOKS登録作者


○推薦作『日常的で当たり前な事』紅花花屋本舗
−日常的で当たり前な事   紅花花屋本舗氏
内容はありがちなのですが、ここまでライトポップに書かれると、後味がよかった。
−僕と『スズキ』   サユキアヤコ氏
残念ながら、私には僕と鈴木との関係が浮かび上がってこなかった。ただ、書き方は好き。マッチした音楽が用意されてるといい感じ。
−人間不信+神=・・・   歌羽深空氏
前作と構成が似ているので、新鮮みが感じられなかったかな。まぁ、CRAZY具合は好きですが。タイトルにもう一ひねり入れましょうぜ、オチが見えちまいまっせ。
今回の三作品の中では、紅花花屋本舗氏に投票いたします。
▽投票者:QBOOKS登録作者




○推薦作『僕と『スズキ』』サユキアヤコ
前半部分はとても引き込まれました。
▽投票者:QBOOKS登録作者




○推薦作無し
作品が少なくてどうにもこうにも。
もっと人数がいないと面白くないなぁ。と思うわけです
▽投票者:QBOOKS登録作者