QBOOKS top

第38回中高生1000字バトル結果

おめでとうございます! あなたが栄光のチャンピオンです!

『悲鳴』 芦野 前さん
2連覇! グランドチャンピオンリーチです!


推薦作品と感想


●推薦作『悲鳴』 芦野 前さん
 まぁ、話としての出来はyukiさんの「TIME」だろう。だがしかし、中高生だもんな。技術なんか後からいくらでもつくから、それよりも自分の思いに忠実に、目一杯の蹴りを見せているほうを勝者にしたい。そりゃあんた、一般や大学で元気一杯に飛び出されてもポカーンなんであるが、高校中学でだったら目一杯大暴れした方が、きっと数年後には自由な身体になっていることともう。自由な身体。ああ、この意味を理解するときにはもう遅かったりする。
 でも、学生小説は元気が一番、というわけで芦野さんに一票。次点はyukiさん。

 誤解なきように。中高生だからと云って甘く見ているのでは決してない。ただ、この時代でしか書けないであろうものが、オジサンには見えてしまうのである。これでいいのだ。(M)
▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『悲鳴』 芦野 前さん
読み終わってから、この作品が一番どきどきしました。
読後感も良かったので。

▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『悲鳴』 芦野 前さん
 惜しい、作品が多かったような気もしますが、それもまたいい。
 票入れ迷った感想を少し。

 あー、よく死んだ、おちはいい、おちは、ただためが長すぎるように感じた、そのことに意味はあるのか、それならばいっそのこともっと激しいおちを。

 TIME、個人的なことだが、英語がでてるだけで最近楽しめてしまう、have time、have the time、どうでもいいことが楽しくてしょうがない、トリビアの人気もわかるような気がする、「こっちには、ゲイが」のこっちが少しわかりづらいような気がする、それでも楽し。

 リメインド、漠然と空いた日にち、二人の関係は、と物足りなさを感じた。長編ならもっとわかるかもしれない、1000字にするなら一部分を短く切り取ったほうが、と思う、強引にまとめたような気がしてならない、合間見る状景が上手いだけに、少し残念。

 悲鳴、痴漢。制服、電車、まとまりがいい。カタタン、カタタン、音がいい。学生、OL、みかけそう。ただ、全体が普通過ぎるような気がする、実際普通とはそうそう起こるものなのか、そう考えながらも、立ち向かう心に少しの勇気をもらった気がする。続きを促す結び方がすばらしく上手い。

 というわけで、票入れは、悲鳴の芦野 前さんに。願わくは、これにフィクションが混ざっていないことを願う。

▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『悲鳴』 芦野 前さん
表現の仕方が良かったです。
さーっと読めました。
書き方が勉強になります。
しかも主人公の考えてることがよく分かるし。
とてもこうぐっと好印象でした。
▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『悲鳴』 芦野 前さん
綺麗に、起承転結って感じ
まるで、中国の故事みたいに
判る、判る、と頷いてしまったので
清き一票♪
▼推薦者:QBOOKS登録作者



●推薦作『TIME』 yukiさん
 こういうお話が好きだったりします。
 テンポのある展開で、面白かったです。
 また1000字ということもあって何度か読み返したりした結果、
 何回か読みたくなったこの作品に一票。

 次点、 『あー、よく死んだ』  紅花花屋本舗さん
 なんか少し共感したというか、なんというか。
 文章は面白かったのですが、
 ちょっと改行を入れて欲しいかなと思いました。
 そういう技法なのかとも思いましたが。

 今回は沢山投稿作があって読み応えがあって楽しかったですv
▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『TIME』 yukiさん
私の英語力はさんざんな物で、
文中に英語なんて出てきた日には、目を反らしたもんですが、
これは、すんなり読めました。
食わず嫌いを直してくれて、ありがとう。
感謝しながら一票。
▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『TIME』 yukiさん
英語表現のひとつの紹介的な部分もあって、非常に楽しく読めました。オチには「(笑)」。

次に良かったのは「悲鳴」。
▼推薦者:純粋読者



●推薦作『祈る少女』 lapis.さん
戦争か、イラクか、と勝手に妄想させられました。
リメインドかこれかで悩みましたが、創造を膨らませてくれる、という理由で祈る少女を推薦させていただきました。
▼推薦者:QBOOKS登録作者


●推薦作『祈る少女』 lapisさん
一通り読ませて頂きましたが、いまいち「これだ!」と思う作品がありませんでした。
そういう訳ですので、この作品を選ばせて頂いたのは完全に好みです。
次回に期待したいです。
▼推薦者:QBOOKS登録作者



●推薦作『真っ赤に染めあげて』 亜高由芽さん
 作品の緊張感、構成、登場人物の心情などの面で、一歩も二歩も抜きん出ている。後半の感情的な部分も、成功していると思う。最後に、「私」が後悔しているように読み取れるのが少ししっくり来ないのが気になったが、いい作品だった。

次点、「幸せの風が吹くとき」雪雀さん
 まず、ずいぶん短いなという印象。しかし、第一節の力はすごいものがある。題材はいいと思うのでもっと広げて書いてみるのもいいかと思う。
▼推薦者:QBOOKS登録作者



●推薦作『リメインド』 神代高広さん
短くちぎった文章の形が面白かった。
どうして「君」を殺したのか、その理由がほしかったけれど、こういう淡々とした形もいいな、と思った。

「悲鳴」と「リメインド」どちらにしようかと思った。
「悲鳴」は読みやすかったし、主人公の気持ちの変化もよくわかった。

「TIME」も面白かったな、と思ったけど、個人的にゲイや同性愛を嫌うのは好きじゃないので、最後のセリフは……
でも、あのオチがなければいけないのかな。
▼推薦者:QBOOKS登録作者



●推薦作『お前と言う名の現代人へ』 夢野ねこべさん
淡々と語っていて、1000字だけど情景の描写が上手く出来ていたとおもう。
ストーリーのほうも好きな作品です。
▼推薦者:QBOOKS登録作者



●推薦作なし
どの作品も魅力的でしたが、あと一押しすればもっと面白くなるのに、と思わずにはいられなかったので今回は「なし」で。
▼推薦者:QBOOKS登録作者