QBOOKS top

第46回中高生1000字バトル結果

残念、該当作なし!

 「推薦作無し」票が、最多得票数以上になりましたので、規定により当バトルを無効試合とします。


推薦作品と感想

○推薦作『ゆず』べッそん
全体のまとまりが明るくて、少女の性格もとても魅力的で
良かったんじゃないかなあと思いました。
▼推薦者:その他のQBOOKS作者



○推薦作『ゆず』べっそん
 夏休みだからってダレてやがるな。なんか全体的に緊迫感がない。読者に読まれることに対する緊張感がない。全体にいえることであるが、ともあれ、成り行きで書くな。読者はオモシレエものが読みたいんだ。
 オモシレエなんて個人的の主観だとか云ったやつ前にでてこい。じゃあ、個人的な主観を熟知したうえで、いままで積み重ねてきた過去の小説をなんとする。食べ物の好みはあれど、数百年単位の料理のレシピは、かならずあるんだぜ? でも、該当作品なしというのは小生の主義に反するゆえ、選んだ。
 選考理由は、全作品中で一番素直に感情が書けていた点。ただし、婆ちゃんのことなんざどこにも生かされてないし、見せ方にも工夫がないし、読者を面白がらせようちゅう明確な意思もない。ただ、他よりマシなので投票した次第。
 せっかく作者登録して書いてんだろうが。もっと勝負せんかい。(M)
▼推薦者:その他のQBOOKS作者




○推薦作『恋愛無しのロミオとジュリエット』歌羽 深空
今回、自分含め不調だと思ったのは気のせいか。
話の完成度で、歌羽さんに投票させていただきます。
あと、「ババア嫁嫌味爆弾」辺りできゅんときました(笑
次点、べっそんさん。
これが1000字ぴったりなら、間違いなく投票したと思う。
おもしろかったです。
▼推薦者:このバトルへの参加作者




○推薦作『太陽までの距離』芦野 前
いちばん後味が良かったと思います。

▼推薦者:その他のQBOOKS作者




○該当作品なし
一言、どれもピンと来ない。今回低調と感じるのは私だけだろうか。
最初は芦野さんに投票しようかとも思ったが、見送ることにする。

▼推薦者:このバトルへの参加作者



○該当作品なし
これ! というものがなかったので。
歌羽さんの「恋愛無しのロミオとジュリエット」も良いかなぁとは思ったのですが、少しオチが弱いような気が。
というわけで、申し訳有りませんが推薦作品無しに票を入れさせていただきます。
▼推薦者:このバトルへの参加作者



○該当作品なし
本当にスミマセン。ぴんとくるものがなかった。よってナシ。でも、なぁ。ナシ……ナシ……。
▼推薦者:このバトルへの参加作者