novel
3104
mail:satosh@d1.dion.ne.jp

ひとそれぞれ

7月3日(水)21:13投稿者:大輔
 ジャンバラヤってそんなに奥の深いものなのでしょうか? Cooking太郎さん はじめとして一連のやりとりは、小難しい理屈に終始して世のジャンバラヤを知 らない人を逆に遠ざけてしまっているような気がして残念です。もっとジャンバ ラヤの良さを語って少しでも興味のない人を振り向かせる方向へ持っていっては いかがでしょうか?

7月5日(金)0:26投稿者:Cooking太郎
 ジャンバラヤは奥の深いものです。本場のものが日本に来て日本風にアレンジ されるように、作る人の数ほど調理方法には違いがあります。安易に考えると ジャンバラヤを誤解してしまう人が出てくるでしょう。ジャンバラヤは決して チャンバラとは異なります。また、明日会社が休みだからといってパチンコ屋で ジャンジャンバリバリというのも違います。もちろんジャンというバラを専門に 扱っているジャン薔薇屋という店でもありません。大勢の客を持て成す際に本場 ではよく作られます。イベントによっては数千人分の量を一度に調理することも あるほどです。数千人分。想像できますか? 味が均一になるわけがありませ ん。一人の料理人が指揮をとっても味にムラがでます。それでも本場では多くの 人が拘りをもってジャンバラヤを一つの文化としてとらえています。米粒の形で あったり単にエビを使うのではなく、ザリガニでなければ邪道だと言う人までい ます。トマトをベースにするのが当たり前と思ったら大間違いです。おじやだと 思ったら大間違いです。作る人によって違いがあるのですから。国内のファミ リーレストランでも食することはできますが、いろいろなアレンジができること を忘れてはいけません。
 最後に私事ですが、この間こちらの掲示板にジャンバラヤをやって首が痛く なった等の意味不明、且つ、不謹慎な発言を目にして、とても不快に思ったこと を追記しておきます。

7月6日(金)16:23投稿者:3103
 はじめまして、3103と書いてサトミです。ジャンバラヤねえ、私なんかから言 わせてもらうとね。おいしければいいのよ、おいしければ。だからジャンバラヤ でもパエリヤでもエビドリアでもいいの。どれも好きだし。
 あえて、ちょっと場の空気をこわしてみようかなと思った今日この頃。ゆるし てね。
(*^。^*)
P.S なんと円周率は小数第2位まで何も見ないで言えるのだ。(エライでしょ!)




QBOOKSトップ バトル会場 > 作品:3104