大覚アキラ 圧勝!




  大覚アキラ 獲得票数:15   檸檬 獲得票数:



感想一覧

大覚アキラ


軽くいなしてしまったって感じ。大人はやだねえ。

大覚アキラ


 こういうあざといおはなしにもっていくのが
 アキラさんのわるいクセだね

  じぶんよ
  そういうのは
  クセとはいわないのだよ
  それにわるくはないし

 言葉の流れも良いしなぁ。
 ネタ的にも上手いし。ううむ。

 檸檬さんの作品は――暗喩? それとも、あのちっこいゼリーの話? 蒟蒻だったりする。老人が 喉に詰めたりする? いやしかし「ゼリー色」は、ゼリー以外のものがゼリーの色をしている時に使 う表現だし、ひょっとして芳香剤? 分かり難さが先に来てしまいました。
 また、意図してリズムを外しているのは分かりますが、あまり効を奏していない気がします。

大覚アキラ


テーマが「癖」という事で期待していたのですが、ちょっと肩透かし をくらったような感じ。
大覚さんの作品は、ほのぼのとした娘とのやりとりが素直に描かれて いて、良かったと思います。
檸檬さんの作品の方は、すみません……何度も読み返してみたんです けど、意味がよくわかりませんでした。
文章の途中で突然入る空白(スペース)も、?でした。
詩の事はよくわからないのですが、こういうのってリズムを整えたり 雰囲気を出す為なんでしょうか。
「言葉そのもの」の強さが欲しいと思いました。

大覚アキラ


とにかく幸せが伝わってくる。檸檬氏はちとレトリックに走りすぎて具体 的には何が(何の)癖かわからず。これでは勝負になるまい。

大覚アキラ


かわいい。
抱きしめたい。
誰を?
大覚さんを。
なんちゃって。

大覚アキラ


 直感でこっちです。なんか仲の良さそーな親子ですよ ね。

大覚アキラ


もうこれは、すぐに決まってしまった。檸檬さんには申しわけないと思う が、好き嫌いの問題だから、仕方がない。
檸檬さんの作品は、言葉の選び方、漢字・仮名の使い分け方、分かち書きに特徴 があるのだが、そこにどういう意図が込められているのか、私にはうまく伝わっ てこなかった。
その点、大覚さんの作品はすんなりと心に入ってきた。やり取りがほほえましく て、その分、少し主張が見えづらいような気もするが、まあ良し。私はどういう わけか子供ネタに弱いのだ。

大覚アキラ


大覚さんの作品は感覚に直に伝わってくる感じ。檸檬さんの作品は想像する楽しみを 与えてくれる良さ。
しかし、檸檬さんの作品は少し凝りすぎた感があるように思う。この勝負では「にや り」と笑わせてくれた大覚さんに投票します。

檸檬


 あのぴったりの容器に収まったゼリー色の空間に私も惹かれます!

檸檬


なんとなくエロティック。そこが良いと思いました。

大覚アキラ


題名がいまいちかな? と思ったのですが、だんだんと混ざって行く感じとか、
お嬢ちゃんの小生意気と言うかおしゃまというか……なところとか、
あぁ好きだなぁ〜パパだなぁ〜娘だなぁ〜と思ったので。

大覚アキラ


 大覚アキラさんに投票します。今回のタイマンはある意味好対照な印象を受けました。
 まずアキラさんの詩。こちらは実際にアキラさんと娘さんが会話しているような生々しさがあります。それでいてリズムや言葉のひとつひとつが詩になっている。ちょっとズルい感じも受けましたがなんとも微笑ましく、とても心に響きました。
 一方檸檬さんの詩。こちらは綺麗な言葉、絶妙な揶揄による表現。詩としてはお見事。ただ、飾った印象を受けてしまい、幻想的というか、非日常的というか、そんな感じが漂っております。
 今回は票が真っ二つに割れると思います(当たり前か)。好みによっては檸檬さんのような詩の方が好きって人も多くいると思います。ただ私から見ると、アキラさんの詩の方が、心が伝わって来た。本当は今回のこの二作品を足して2で割った、両方の良い部分を兼ね揃えた作品が理想的なのかも知れませんね。

大覚アキラ


今回もとても困りました。両方入れたくて。
でも大覚さんに一票。
いい意味で気が抜けて、ずらしたテンポ感が可愛くてよいです。
バカボンのパパ×はじめちゃんの会話みたいな感じが好きです。

檸檬さんの作品は、詩としてはとても面白く、細やかで緊張感が
すごくよいです。思わせぶりでダブルミーニング以上になにかありそうで
想像するのが面白かったです。ただ「癖」というテーマを、
想起させる感じが薄く思えたので、残念。

きっと今回やはり接戦なんでしょうね。

大覚アキラ


娘と父親って、やけに絵になるものです。
おしゃまな娘の奇抜な発想に苦笑いしながら、
幸福な時間を楽しんでいる父親の姿がイメージできました。
檸檬さんの詩も良かったけれど、
どちらかというと、ストレートに胸に飛び込んでくる言葉、
表現方法が好きなので、大覚アキラさんに一票投じます。

檸檬


癖というテーマ自体がたいへんクセモノなんだけれども、正面から勝負して、 「ゼリー色」という論理的な解答を携えた上で、見事に表現されていると思いまし た。

大覚アキラ


最後の2連がすごい好き。これがなかったら、檸檬さんに入れてたかも。

大覚アキラ


うーん悩んだんですが。2つとも全くタイプが違うのでこりゃ比べらんねー!というのが正直なところですが。
大覚さんの作品の微笑ましさが好きです。
>むすめよ
>おまえにもいつか
>わかるひがくるだろう
ここ、なんだか意味深。
さて名前がかわるのはどちらか……。

大覚アキラ


消去法、かな……。タイマンとしてバトルをするには、ふたりとも肩すかしを狙ってる感があったか。題材が悪いと言ってしまえばそれまでだが。いずれにせよガチンコというところには発展しなかった。




QBOOKSトップ > バトル会場 > 第7回結果