第7回パラ1000字小説バトル結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオン作品は、
千希さんの『百円玉』に決定しました。
千希さんは、これでグランドチャンピオンにリーチとなりました。

エントリ作品作者得票
05百円玉千希5
01「辺名高列伝 用務員魂の巻」ようこさん2
03あの頃、無限いっぱいの午後とむOK1
04粗大ごみ越冬こあら1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



推薦作品と感想

■百円玉  千希さん
 
感想:何かすごい事件に発展しそうな予感を見事に裏切って頂きました。
何も訴えかけない、魂マークの豚熊に一票を捧げます。
票者:このバトルへの参加作者


感想: 今回、互角。いい意味で互角。ようこさんの語り口は用務員を書いてるし、葱さんのうさんくささも、とむさんのあの細かいところまで気になる感じも、いいのであります。越冬こあらさんのばあいは会話中心だけど、お嬢様の机は「転宅」って云うよな、云うよね、という感じがする。千希さんの、机一個=パートの月収、というのもいい。なんかその、物語役者の視点が出ているのがいいの。いいんです。
 で、優劣つけがたくて困ったので、若い娘(推定)に投票します。
 これでいいのだ。(M)
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:なんとなく雰囲気が良かったので、投票します。息子との会話も見たかったなぁ、と思います。葱
票者:このバトルへの参加作者


感想:「取り残される」のは「机」か「魂」かといった中で、ぬいぐるみが取り残されているところが良いと思った。
特に何も、ってところも好き。
改行の度にちゃんと行頭一字空けをしてあれば、もっと良いのだが。
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:はじめてパラ1000字に参加してみたのですが。。。
みなさん、すごいですね、よくこんなにいろんなこと思いつくなあ
とむOKさんの作品と千希さんの作品と両方好きになったのですが
最終的にはこの黒マントの熊のぬいぐるみ私なら一番に狙ってとるなあ
欲しいなあかわいいなあとおもったので
千希さんに一票入れさせていただきました。
票者:このバトルへの参加作者


■「辺名高列伝 用務員魂の巻」  ようこさんさん
 
感想:一見して素人さんお断りの文体であるが縦書にして読んでみると一転して独特の世界がそこに開けてくるではないか。
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:ようこさんパワー炸裂!辺名高列伝シリーズ化希望。
王総司が霊に同情しつつも自分の楽しみを優先して更に衰弱していく、その哀れさがまたばかばかしくておかしい。(楽)


票者:その他のQBOOKS参加作者


■あの頃、無限いっぱいの午後  とむOKさん
 
感想:伝わってくるのは確かに「あの頃」の空気なのだけれど、
時間を隔てたものであることも感じられる。
表現がとてもきれい。うらやましくなりました。
「無限いっぱい」っていいですね。
ちょっと野暮ったい言葉で、そこがいい。
票者:このバトルへの参加作者


■粗大ごみ  越冬こあらさん
 
感想:いやー確かに粗大ごみですね。有無を言わさぬ机のキャラが好き。

票者:このバトルへの参加作者