第8回パラ1000字小説バトル結果

残念!

最多得票数が、最多得票者の人数を超えなかったため、
規定により今回のチャンピオンは該当者無しという結果に終わりました。

エントリ作品作者得票
01「クラブPTA」ようこさん3
02取り付く島つぶ丸3
03マッチ、あるいは歌われることのない詩とむOK3
05宇宙暦5548_1586越冬こあら2
04からんからんと鳴いている千希1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



推薦作品と感想

■「クラブPTA」  ようこさんさん
 
感想:むふっつ、ようこさんの文章は実にコミカルでリズミカルで小気味がよいです♪
PTAにもっと潜入してレポしてほしいような気もしますけど(* ̄@@ ̄*)ブヒッ〜
票者:純粋読者


感想:来春ご入学のお子様がいらっしゃる皆様におかれましては並々ならぬ決意のものと心中察します。
票者:純粋読者


感想:PTAって恐いわ。母だけではなく、父も巻き込む事あるって地域もあるし。
学校ネタって、なそうで、ありそうな、事件がいっぱい。楽しみです。
票者:純粋読者


■取り付く島  つぶ丸さん
 
感想:実は平手打ちこそが帰還のポイントだったとか、取りつく島のない落とし方にしてみたり。
「古池や蛙飛び込む水の音」
の引用で毒気を抜かれた感があって可笑しい。
票者:このバトルへの参加作者


感想:いいですねー 面白かったです。 たぷたぷ。
票者:このバトルへの参加作者


感想:すげー!
なんかもうショックで、感想書いてるどころじゃありません。
とりあえず、一票ってことで、勘弁して下さい。

票者:このバトルへの参加作者


■マッチ、あるいは歌われることのない詩  とむOKさん
 
感想:こういう場合、鳴くのはカラスってのが最も平凡なところで
鳴くとあるからには、鳥とか獣とか虫とか魚とかモンスターとかであるべきだと思うんだけど、
全ての作品が、そうなっていない……。
千希さんの作品は「鳴る」と書かないで「鳴く」で貫けば比喩として通用したと思うが、
これでは残念ながら「鳴く」と書いた意味が無い。
という訳で該当作品無しにしようかと思ったが、
独特の世界が興味深かった、とむOKさんの作品で。
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想: この御題でこっちの方向にもっていく、というセンスがいいなぁと思うたので投票します。パラ1000は地味ながらいい仕事してますねえ。
 なかなかいい感じにまとまってきました。(M)
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:脆くも儚い一夜世界。その曙に待っているものは何だったのだろうか? なんてことを思ってしまいました。
票者:このバトルへの参加作者


■宇宙暦5548_1586  越冬こあらさん
 
感想:この2人が帰らなくても誰も困らないんだなあと思うとなんだかとてもせつない帰れたところで居場所もすることもないのだろうなあとおもうとせつなさが倍増しました。
票者:このバトルへの参加作者


感想:今回はどれも好みだったので困ったな。
やっぱりここでコケルのかというこあらさんに投票。「ゴーホーム、ピーピー」というラストはまぁいかにも感があるが、SFなのに妙な哀愁が漂っていていい。(楽)


票者:その他のQBOOKS参加作者


■からんからんと鳴いている  千希さん
 
感想: 横になった時のしぐさや、目がさめて立ち上がれない感じがリアルでした。それと、お題の処理がこのみです。
票者:その他のQBOOKS参加作者