第22回パラ1000字小説バトル結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオン作品は、
SuzzannaOwlampさんの『石田さん』に決定しました。

エントリ作品作者得票
01石田さんSuzzannaOwlamp3
02A HAPPY NEW YEAR!3737☆★1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



推薦作品と感想

■石田さん  SuzzannaOwlampさん
 
感想:小説じゃないかもと思った時点で3737☆★さんの負け。

SuzzannaOwlampさんは、いつものギャグテイストが無い分、
基本が出来ていないのが目についた。
そのせいで中身が薄くならざるをえなかった、という風に見える。
あと、誤字も多かったし、なぜか文字数も間違ってた。
リズムに対する意識が見えたのは良かった。重要なことだ。
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:石田さんの最後の言葉にやられましたよ、わたしゃ。
そうですよね、仕事にはプライドをもってやらなきゃですよね!
票者:このバトルへの参加作者


感想: いや、ジーンとしましたよ。1000字でコレだけの厚みがある話が書けるんですね。細部はとことん細かく説明し、すぱっと切るところは切れている、話の構成に窮屈な感じがありません。
 最後のシーンは、まるで映画のように映像が頭に浮かび上がってきました。SuzzannaOwlampさん、これ名作だと思います。
票者:その他のQBOOKS参加作者



■A HAPPY NEW YEAR!  3737☆★さん
 
感想:ただなんとなく生きている、という日本人の現状が、なんというか、作家さんの文体から読み取られました。モノがありふれている、というのもまた、退屈な証拠なんですね。
最後の最後に問いかけで終わるという手法。斬新だったと思います。年賀状って多分、日本人最後の伝統文化だって気がしました。

月並みな感想でした。
票者:このバトルへの参加作者