≪表紙へ

1000字小説バトル

≪1000字小説バトル表紙へ

1000字小説バトル stage3
第51回バトル結果

おめでとうございます!

今回のバトルは、小笠原寿夫さん『それからというもの』、蛮人Sさん『一週間』が1位となり、獲得票数が1位作品の数を上回っているため両作品がチャンピオン作品と決まりました!

たくさんの投票、感想ありがとうございました。
これからもQBOOKSをよろしくお願いいたします。

投票結果
得票数 
1
オッケーオッケー婆ぁOK
サヌキマオ
2
2
ビショビショビショービジョビジョン
大覚アキラ
3
争いが終わった後のこと
凛々椿
1
4
それからというもの
小笠原寿夫
3
5
冷凍人間
ごんぱち
1
6
ココロツタウ~feel reluctant
深神椥
7
ラブソング
待子あかね
1
8
一週間
蛮人S
3
9
ダイヤモンド
石川順一
    

感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。

「私の投票がない!」「内容が違うような?」……掲載もれ、ミスなどがございましたら、QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

推薦作品と感想

■Entry4
それからというもの
小笠原寿夫さん


感想:
凛々椿さんか、ごんぱちさんか、小笠原さんかで迷った。

凛々椿さんの作品は、独特の浮遊感を感じさせる文体と、読者を置き去りにする結末(というべきか?)が魅力。だが、1000字小説という体裁として見た時、この結末は果たしてどうなのか、と思わざるを得ない。

ごんぱちさんは、さすがの安定感。文章力しかり、場面設定しかり、読んでいて安心できるクオリティ。しかし、逆に新しさを感じないのが残念。既視感が著しい。

小笠原さんの作品は、アイディア一発勝負という感は否めない。この手の作品の命ともいえる、語り口調のリズムを作る読点の打ち方も、やや精度が低い。が、そういう難点に目をつぶってしまうほどのシンプルなおもしろさと、1000字を一気に読み切らせるスピード感や勢いがある。

というわけで、小笠原さんに一票!(大覚)
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
気のせいか理路整然としている様に思えました。理路整然と言うのは小説の美点としてはあまり意味が無いかもしれません、人によってはあまり評価しないかも知れませんが、今回は美点に見えて来ました。但し最後のおち見たいなのは、ちょっと釈然とせず、まあ現実はこんなものかなと納得出来た自分と釈然としない自分が半々みたいな感じでした。
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
なんだか、キュートで好印象を受けました。
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry8
一週間
蛮人Sさん


感想:
1.オッケーオッケー婆ぁOK サヌキマオさん
架空の書物を紐解きながら、訴訟を起こすというという発想が面白かった。
どうやって思いついたのか、知りたくなる。

2.ビショビショビショービジョビジョン 大覚アキラさん
小説バトルにも参戦ということで、気になった作品。プロの詩人さんでありますが、今回の作品は、元ネタのパターンを忠実に再現して、シモの方へ持っていく巧さを感じた。

3.争いが終わった後のこと 凛々椿さん
構成がややこしくて、読みにくかったが、かっこいい作品。
最後の箇所で、翌日、と結んだのが、意図されたものであれば、尚、良かった。

5.冷凍人間 ごんぱちさん
ごんぱちさんの作品は、読み終わった後、パッと内容が消える。笑いを意識して書かれているからなのかもしれないが、お後がいいとは、こういうことを言うのかと感じさせられる。

6.ココロツタウ~feel reluctant 深神倁さん
名前を打ち間違えてすみません。どうしても漢字の読みがわからない。
こちらの作家さんは、思春期を描くのが非常にうまい。千字にまとめてくれたら、とつくづく思う。

7.ラブソング 待子あかねさん
比較的、綺麗な文章を書かれる作家さんだと思います。丁寧語が独白のようで、小説ですが、日記を読んでいるような印象を受けた。

8.一週間 蛮人Sさん
何故か、印象に残った。一週間というタイトルと合致して、日常にもこんな繰り返しの状況ってあるよね、というメッセージも込められているのかと憶測しました。宇宙空間の中に、時の流れは、ないものとして描かれているな、と感じた。

9.ダイヤモンド 石川順一さん
ただの誕生石の羅列だけに終わるのかと、思いきや、最後に素敵なオチが待っていた。
ダイヤモンド歌会は、よく練られていると思う。
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
ごんぱちさんと迷いましたが、こちらに一票。
ある映画を思い起こさせた。
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
「冷凍人間」「一週間」「ダイヤモンド」の三作品で迷った。
「冷凍人間」は鉄のイノシシだー! とかのディテール芸が面白いし、「一週間」は一週間の歌になぞらえた結果「麻の布で宇宙船の補修をするなー!」だし、ダイヤモンドは「そんなやつおるかーい」で楽しい。

 で、悩んだのですが、オチの強さという点で「一週間」の方がいいかなぁ、という感じ。いやむしろ「冷凍人間」の落とし方に若干の不満が残るから「一週間」の方だなぁという感じです。僅差!
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry1
オッケーオッケー婆ぁOK
サヌキマオさん


感想:
 正しさがあれば、生きていられなくとも切り抜けていられる。
 って、んなこたぁない。
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
1000字オーバーの2作品は読まなかったのでわかりませんが、
その他の作品は横一線で、どれがチャンピオンになるのか、結果が楽しみです。

のぴ太たちは結構大人だったんだなあ、とか、リカさん視点の作品も読んでみたいなあ、とか、
灰原さんについて「ま、そうなるよね」って思ったりしましたが、
悩んだ結果、婆ぁにしました。
婆ぁ、って言葉に好感を持てる人ってあまりいないと思うので、それだけが残念。
全世界の老婆に対して失礼な、とも思いましたが、作品はとてもよく出来てると思います。
こう長いつらつらとしたものは下手な文だと読めませんが、
言葉の並べ方がおもしろくてちゃんと読めました。

今回のバトルの中では文章力は一番じゃないかな、と思います。
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry3
争いが終わった後のこと
凛々椿さん


感想:
物語としてはどうよという面はあり悩んだ結果なのですが、その実験性からこの作品を推します。
街と人物を淡々と並べていく構成は映画の一場面を観ているようで美しく、何か象徴的な蝶も印象に残ります。断片がかろうじて繋がっているような人物関係、題名、蝶、答えがありそうに見えてどう読んでも全体像は明らかにならない(相関図まで書いてみたけど)。これは私の力不足かも知れないし、何かのオマージュなのか、またはそういう仕掛けなのかも知れません。いずれにしても、あれこれ何十回でも考えることができるのは、1000字の短さと見通しの良さならではの味わいです。最後の空白には各自の考えた続きを書けば良いのかなと思われましたが…どうでしょうか。
まあ結局1000字は、そこにあってそこにない「欠損の文学」かと思っています。
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry5
冷凍人間
ごんぱちさん


感想:
やっぱり構成やオチなど毎回安定しているなぁ……と思います。
投票者: その他のQBOOKS参加作者

■Entry7
ラブソング
待子あかねさん


感想:
30年近く前に在学していた大学の風景を思い出しました。いい小説です。
投票者: その他のQBOOKS参加作者