≪表紙へ

1000字小説バトル

≪1000字小説バトル表紙へ

1000字小説バトルstage4
第36回バトル結果

ざんねん

一位作品の数が、その得票数を上回らなかったため、
規定により今回のチャンピオン作品はありません。

投票結果
得票数 
1
サヌキマオ
1
2
ごんぱち
1
3
くろだい
永井隆

感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。

「私の投票がない!」「内容が違うような?」……掲載もれ、ミスなどがございましたら、QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

推薦作品と感想

(いまさら)1000字後に死ぬ作者
サヌキマオさん


感想:
強盗イートは、強盗をイートするのか、強盗がイートするのか。
英語であるならば、当然、強盗が主語であろうが、日本語であれば強盗が目的語になり得る。
食べるというのは本来、命を奪う行為であるという論に従うならば、強盗が食べるのであろう。しかし、命をいただく、採り入れるという意味合いであるならば、同化して己やら相手やら分からぬ最強のナメック星人方式もあろう。
畢竟、外見的なそれによって必ずしも決まる訳でなく、その本質の僅かな差によって分かたれる。そんなものは世の中にゴマンと転がっているのであって、けれど、別の見方をすると唯一無二であって、などと言っていると結局何も言っていない事と同じなのである。
投票者: このバトルへの参加作者

犯人は東洋人
ごんぱちさん


感想:
「(いまさら)1000字後に死ぬ作者」
 (いまさら)どっかで「一度やっておかねば」と思ったようです。で、やりました。

「犯人は東洋人」
 ホームズ自体が「ものすごーく遠いところまで弓矢を撃てる人だったんだよ(だっけ?)!」というトリックをやっていて「そんなバハマ」と思ったことがございますが、「ツヨクナール」ドラッグストアで売ってるのかね。農作業用補助ロボットより需要はありそうではある。もしくは夜の生活を盛り上げたりしていたのかもしれない。
 書くことに苦労しているねい。自分も人のこた云えないけど……

「くろだい」
 なんといいますか、敬虔な人だなぁと云うか、メンタルの弱い人だなぁというか。
 このあたりが「村上春樹と夏目漱石はどっちが強いか」みたいな話にならないポイントなんだろうなぁと思った。このへんの判断の迷いって、時代の倫理観とか、道徳的な規範にどれだけ縛られているかみたいなところで大きく変わるので、今の価値観で判断しちゃいけない、となると、じゃあ「どこを面白がったらいいのか」となる。
 で、コレに近いことを4コマでやってのけた長谷川町子はすげぇぞー、ということになりはしないだろうか。
投票者: このバトルへの参加作者