≪表紙へ

3000字小説バトル

≪3000字小説バトル表紙へ

3000字小説バトル stage3
第21回バトル結果

ざんねん

一位作品の数がその得票数に並んでいるため、規定により今回のチャンピオン作品はありません。
次回にご期待下さい!

投票結果
得票数 
1
古研のようす #1
サヌキマオ
1
2
オバケの修羅場(Sさんの話)
アレシア・モード
1
3
セメント樽の中の手紙
葉山嘉樹
    

感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。

「私の投票がない!」「内容が違うような?」……掲載もれ、ミスなどがございましたら、QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

推薦作品と感想

■Entry1
古研のようす #1
サヌキマオさん


感想:
好感の持てる作品。猫はネタとして引っぱるのにティーバッグには誰も触れないあたりのバランス感とかも良いのですが、例によって色んな人物が登場する中で、描き出されているのは大学の五月という、獏として明るく膨らんだ空気の感触です。特に最後の、差し込まれたように入る逆瀬川さんの構図、絵が見えるんですね。もう絵筆をとりたくなるくらいに。良いです。
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry2
オバケの修羅場(Sさんの話)
アレシア・モードさん


感想:
 ネタに困ると新シリーズを始めやがる。

「オバケの修羅場(Sさんの話)」
 いやぁ、完成度の高い3,000字だった。引越しシーズンに、というのも拍車をかけていると思います。
 ただこの、
>物が動くとか言うんです。留守の間にソファの位置がずれているとか。そんなの覚えてるんですかね。あと何か匂いが残ってるとか。
 というのは霊ではないと思うんですね。だれか確実に合鍵を持っていると思うんですね。いない間に誰か入ってますね。こわいですね、物騒ですね。ではまた。

「セメント樽の中の手紙」
 出たー! 大学の文藝学科御用達のセメント樽だーーー!
 本作から「文学とプロパガンダ」なんかを学んだりするアレです。当時の状況を知る上で名作と思います。以上です。
投票者: このバトルへの参加作者