≪表紙へ

3000字小説バトル

≪3000字小説バトル表紙へ

3000字小説バトルstage3
第57回バトル結果

無効試合

投稿が1作品のみでしたので、規定によりチャンピオン選出はありません。

投票結果
得票数 
1
サヌキマオ
2
2
民衆へ――世界の解釈と真の意志――
ストリンドベリ/ 秦豊吉

感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。

「私の投票がない!」「内容が違うような?」……掲載もれ、ミスなどがございましたら、QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

推薦作品と感想

ちやほやされたくて
サヌキマオさん


感想:
「ちやほやされたくて」
 なんとかキャラを立てようと悪戦苦闘しています。

「民衆へ――世界の解釈と真の意志――」
 えーと、なんだかわかんないときにはなんだかわかんないと云おう。
 なんだがわがんねぇ!

 で、なんでなんだかわかんないかというと、おそらくは読んで理解するのに聖書的な知識が要求されるからでして、もうちっと登場人(?)物のバックボーンがわかると「あはは」なり「ひええ」なりの感想がもたらされるのかもしれない。
 なんにせよ、これは笑っていいのか、畏れていいのか、感動していいのかわからんのであった。
投票者: このバトルへの参加作者

感想:
どっちかと言えば、いや状況的には明らかに、氏家の行動原理はゴドーが中心におかれている。ちやほや云々は、それは常々思う彼女の本心とは思うけれど、そこは本質ではない。なぜゴドーは裏方に甘んじる人間でなくて舞台に立つことになってるのか。やはり、ふたりで活躍して、ちやほやされなければならないのだろうか。謎は深まるばかりである。それにしても『バスケとソフトボールに拘る』三年間ってどんな世界観のふたりだったんだろう。
投票者: その他のQBOOKS参加作者