第168回詩人バトル結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオンは「怪物」はなもとあおさんに決定です。

エントリ 作品 作者 得票
1 怪物 はなもとあお 3
2 変人 駄々 1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



 推薦作品と感想


■怪物  はなもとあおさん
 
感想:長く付き合った彼女を思い出しました。モンスターとして見ていた最後のとき。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:丁寧な表現の積み重ねが読む者を安心させるのだと思いました。その安心感に1票です。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想: 期せずして怪物と変人の戦いとなった。

「怪物」
 <わたしはあなたの怪物>というのは、逆に言えば語り手が自分のことを「怪物」だと思って欲しいだけなんじゃないのかなって読んでて思った。あなたは怪物じゃなくて、単に伝えるのが下手なだけなんじゃないかって思う。
 一方、そのへんの妙な不器用さを心良く思う人もいるかもしれない。

「変人」
 こっちは逆に変人だと思われたくない系。でもちゃんと、現状に対して「街を出る」という選択が出来るだけクレバーだと言える。が、対処が至極まっとうすぎて新鮮味にかける。わかりあえないなら距離を置くしか無い、と、それ以上のことは書いてない。

 自意識過剰な面はあるにせよ、言葉の選び方がうまいのは「怪物」の方。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■変人  駄々さん
 
感想:いきなおすのかな?
さみしい詩。
投票者:このバトルへの参加作者